脂質に作用するオーリスタットの仕組みについて

最近、海外で人気がある肥満治療薬がオーリスタットです。
その評判は日本にも広まっており、ダイエットをしたい人たちの間でも徐々に人気が上がってきています。
オーリスタットというのは食事をしながらでも痩せる事が出来るという魔法のような薬です。
ただ、食事をしても太らないというのは何か不健康な方法で痩せているのではないかと心配する人もいますが、その仕組みについて簡単に紹介します。
まず、オーリスタットというのは身体の中にあるリパーゼという酵素を阻害する働きがあります。
リパーゼというのは脂質を分解して脂肪酸にする事によって腸から脂肪を吸収するのを手助けしています。
オーリスタットはそのリパーゼの働きを抑える事によって、食事をした時の脂質の30%程度を身体に吸収させずに体外に排出する作用があります。
そのために、普段の食事量が相当なものでなければ、食事量を変えずに普段と同じように食事をしていても減量する事が出来るのです。
普段の食事で脂質をとっている量が多ければ多い程、高い効果が期待できます。
オーリスタットはアメリカのFDA、日本で言えば厚生労働省に当たる期間が承認している薬であり、効果や安全性が非常に位高い肥満治療薬となっています。
日本では未承認の薬となっているために、入手しようとする場合には個人輸入を行う事によって入手する必要があります。
個人の体質や普段摂取している食事によっても効果の高さは異なってきますが、食事制限も運動をする事も無くても痩せる事に成功している人も多く人気なのです。
脂溶性のビタミンの吸収も阻害してしまうためにビタミン剤などで別に補う方が良いですが、基本的には大きな副作用はほとんど起きないです。

ページトップへ